エータ・カリーナなら大阪の新築一戸建・リフォーム済マンションが仲介手数料無料で買えます。

仲介手数料”無料”で買える新築一戸建・リフォーム済マンション専門

仲介手数料無料の理由

仲介手数料を「無料」にできるのは理由があります。

弊社エータ・カリーナは、大阪の新築一戸建、リフォーム済マンションは仲介手数料を無料で取引できるようサービスしております。

これにはきちんとした理由がございます。
安かろう悪かろうと思われてはいけないので、仲介手数料を無料にできる理由をお話いたします。

まず不動産取引の仲介手数料の仕組みを簡単にご説明します。

仲介手数料は3つのパターンがあります。

仲介手数料は3つのパターンがあります

簡単に申し上げますと、仲介手数料は3つのパターンがあります。

  • 1. 売主さんからのみ仲介手数料を頂く
  • 2. 買主さんからのみ仲介手数料を頂く
  • 3. 売主・買主さんの両者から仲介手数料を頂く

ほとんどのお取引が、この3パターンのどれかに当てはまります。

例えば、ある物件が成約するのに、不動産会社がA社、B社が入っております。
A社が売主さんから売却依頼を受けて、レインズと呼ばれる指定流通機構に物件情報を登録し情報を共有します。
そしてB社がその物件情報を確認し、自社のお客さんに紹介し、契約したという流れです。

この場合のA社は、顧客である売主さんから仲介手数料を申し受けます。
これが上記の、1. 売主さんからのみ仲介手数料を頂くパターンです。

B社は、同じく自社の顧客である買主さんから仲介手数料を申し受けます。
これが上記、2. 買主さんからのみ仲介手数料を頂くパターン。

業界用語でこれを 「分かれ」 と言います。ひとつの契約に不動産業者2社以上あり、A社は売主から、B社は買主から、それぞれ仲介手数料(媒介報酬)を受領することになります。
ちなみに、売主側の業者A社を「元付け業者」、買主側の業者B者を「客付け業者」なんて呼んだります。

そして、最後のパターン(3)ですが・・・

売主・買主さんの両者から仲介手数料を頂く場合

売主・買主さんの両者から仲介手数料を頂く場合
  • 3. 売主・買主さんの両者から仲介手数料を頂く

売主さんと買主さん、両者から仲介手数料を頂戴するパターンですね。
両者から手数料をいただく取引なので、業界では「両手」と呼ばれております。

とにかく不動産仲介業者は、この両手取引を目指すわけです。
1や2に比べたら手数料が2倍ですからね、おいしいわけです。

そして、このC社の立場に弊社エータ・カリーナがいたとします

買主さん(あなた)からの仲介手数料は頂きません

買主さん(あなた)からの仲介手数料は頂きません

そして、売主さんが一般個人ではなく、プロの業者の場合、
(新築一戸建を供給する建設会社や、マンションを買い取ってリフォームして販売することを専門とする業者さんなどです)

その業者さん(売主)から仲介手数料をいただけるので、買主さん(つまり、あなた)からの仲介手数料は無料、サービスさせていただきます、ということなんです。

市場に売りに出ている新築一戸建やリフォーム済マンションの80%ぐらいは、その「売主」業者さんから手数料をいただけるので、買主(お客様)に手数料無料サービスができるんです。

ああ・・・・どこからか声が聞こえます・・・・

そんなこと言っても「両手」取引したいんでしょ?手数料2倍になったほうがいいに決まってるやん・・・・

^^; はい、そうです。おっしゃる通りです(笑)。売上欲しいですよ、確かに。
でも、片手取引でやっていけるんです。弊社は。

起業を決意したとき、仲介手数料は「分かれ」でいい、それでも十分にやっていけるはず、と思っていました。
また、それが実現できるような会社にしようと考えていました。今も色々考えながら、試行錯誤しております。

やっていける理由は、徹底的に経費(固定費)を削減し、損益分岐点を低く設定しているからです。

例えば、事務所の賃料です。駅前の1階路面店舗なんか借りずに、安く済む空中店舗事務所にする。
(IT時代に、情報産業(不動産業は情報産業です)が路面店舗なんて必要ない!)
カラーの折込チラシなど打たない、紙媒体の広告はせず、ネット広告オンリーにする。
その他、人件費などランニングコストを最小限に抑える努力をしています。

なかなか大変ですが、「その価値はある」と信じております。
大手仲介会社や、ある程度の規模の不動産会社では、絶対にできないことですから・・・・

仲介手数料は安くはありません。
3,000万円の物件ですと、仲介手数料は1,036,800円です。結構な金額です。

エータ・カリーナが、お客様(買主)に仲介手数料を無料でサービスできれば、この103万円が浮くわけです。
マイホームを買おうとされている方は、これからもご家族にお金が必要な方がほとんどです。

この103万円、これからのために、どうか有効に使って下さい。